パソコン関係

【PowerDirector】初心者で簡単に動画編集ができる自動モード

投稿日:

自動モード

動画編集をしてみたいけど、「めんどくさい・時間がない・難しそうだ」って方にも短時間で簡単に動画編集できるのが、パワーディレクターの「自動モード」です。

また、動画編集を始めたばかりの方でも一度試しに利用してみるのも良いかもしれません。
私も最近PowerDirectorを購入して、動画編集を学んでおります。当初よりこの「自動モード」は使用せずに自分でタイムラインモードで編集しておりましたが、ちょっと試しに自動モードを試したら
「あぁこんな編集の仕方もあるんだ」
「こんな感じでエフェクトかけるとカッコ良いな」
ってアイデアなどを学ぶ事が出来るんじゃないかな?って感じました。

動画編集の流れをつかむにも良いかもしれません。

パワーディレクターを起動したら「自動モード」を選択します。

マジックムービーウィザードが開きます。
1.ソース
2.スタイル
3.調整
4.プレビュー
5.出力
の順番で画面の指示に従っていくだけでビデオ作品が出来上がります。

①ソース

ソースでは使用する動画などを読み込みます。
あらかじめパソコンに動画などを保存しておきます。
分かりやすいようにフォルダに名前をつけて編集したい動画などをまとめておくと良いかもです。

「動画および画像の読み込み」をクリックします。

「メディアファイルの読み込み」をクリックします。
「メディアフォルダーの読み込み」を選択すると、選択したフォルダー内のファイルを全て読み込みます。

今回は「メディアファイル」で説明します。

動画編集したいファイルを選択します。

編集したい動画が取り込まれました。
「次へ」をクリックします。

アドバイス・メモ

不要な動画などは削除できます。
動画をクリックして選択し右下のゴミ箱ボタンで削除できます。
また、動画を右クリックで削除もできます。

動画にカーソルを合わせるとハサミのマークが表示されます。
これはトリミング機能です。
動画ファイルの必要な部分だけをトリミングして自動モードで編集することが出来ます。

トリミングを選択すれば、このようなトリミング画面になり、横のバーを任意でスライドさせれば、必要な部分がトリミングできます。

②スタイル

あらかじめ用意されたスタイルを選択すると自動で動画編集が行われます。
様々なスタイルが用意されてますので、作成したい動画の雰囲気にあったスタイルを選択するのが良いでしょう。

後でプレビューでどんな感じになるのか確認できます。気に入らなければ戻ってスタイルを変更できますので、色々試してみるのも良いですね。

スタイルを選択して「次へ」

③調整

調整では、動画に音楽を付けたり、音楽と動画音声の音量のバランスを調整したり、動画の再生時間の調整ができます。動画の再生時間を短くすると不要と思われる動画のカット編集が自動で行われます。

動画に音楽・BGMを入れたい場合は音符ボタンをクリックして音楽ファイルを指定して取り込みます。
PCに音楽ファイルを保存しておく必要があります。

音楽と動画音声のミキシングレベルは取り込んだ音楽と動画の音声の音量のバランスを調整できます。
音楽側にバーを動かせばBGMが大きくなります。
動画側にバーを動かせば動画音声が大きくなります。

ムービーの所要時間では、動画の再生時間を設定することができます。
取り込んだ動画より短く設定すれば不要な部分を自動的にカットしてくれます。
ただ、機械が行うので自分にとって大事な部分がカットされてないか?後のプレビューで確認すると良いです。

左下の「設定」をクリックすれば、より詳細な設定の調節ができます。
作成したい動画に合わせて設定してみるのが良いですね。

④プレビュー

プレビューはパソコンの性能や動画の長さ・容量によってはチョット時間が掛かる場合があります。

プレビューでは今まで設定した内容で自動的に動画編集が行われた作品が確認できます。

開始タイトルや終了タイトルを変更できます。
デフォルトではカッコ悪いので、お好みのタイトルに変更した方が良いですね。

⑤出力

出力では、プレビューで確認した動画編集が完成されます。

動画出力では動画ファイルをパソコンに保存する事ができます。
また、ユーチューブなどにアップロードする事もできます。

ディスクの作成ではDVDやブルーレイに書き込めます。

詳細編集では自動モードで編集された内容を更に編集する事ができます。

注意点

各項目をクリックするとパワーディレクターの「フル機能エディター」画面に切り替わります。
フル機能エディターに切り替わると自動モードに戻れませんので、編集動画の内容や出力方法を良く決めてから実行します。

「あ、間違えた!」とか「やっぱりこっちにしよう」などと戻ろうと思っても戻れません。
これはチョット不便かな?と感じますが、気を付けたい点です。

ただ、とっても簡単に自動で編集できますので便利な機能ですね、この自動モード。







-パソコン関係


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【PowerDirector】クロスフェードでBGMを魅力的にする

目次1 クロスフェードとは1.1 クロスフェードの入れ方1.2 実際のサンプル動画 クロスフェードとは パワーディレクターで複数のミュージッククリップを重ねる事で重なった部分の音量を徐々に小さくして次 …

ゲーミングマウス【G300s】ロジクール。コスパ最高!買ってみました。

目次1 はじめてのゲーミングマウス1.1 Logicool G300s1.2 使用してみた感じ はじめてのゲーミングマウス はじめてゲーミングマウスを買ってみました。 数か月前にゲーミングPCを購入し …

【PowerDirector】音楽・BGMの入れ方

目次1 動画に音楽をつける1.1 音楽ファイルからの取り込み1.2 CDから曲を取り込む1.3 まとめ 動画に音楽をつける 動画編集ソフト「パワーディレクター16」で動画にBGM・音楽を入れる方法です …

【PowerDirector】複数の字幕を入れる方法はタイトルルームで作成する

目次1 複数の字幕表示1.1 サンプル動画1.2 タイトルルームで字幕作成1.3 文字のカスタマイズ1.4 エフェクト&モーション1.5 まとめ 複数の字幕表示 少し前に動画編集ソフト「パワーディレク …

【ECM-PCV80U】PCマイク購入から接続・音量設定。おすすめはコレ!コスパ最高でみんな使ってる

目次1 パソコンマイク SONY「ECM-PCV80U」1.1 主な特徴1.2 開封してみました1.3 マイクをパソコンに接続1.4 マイク音量の調整1.5 マイクの音をスピーカーから出す方法1.6 …